トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

アスリートグルメ アスリート旅

【2018年 アイアンマン・ワールド・チャンピオンシップ】コナ食レポート①/Basik Cafe アサイーボウル

投稿日:

Basik Cafe




こんばんは、moeです。

今日からアイアンマン・ワールド・チャンピオンシップの応援で訪れたハワイ島のカイルア・コナの食レポも少しずつアップしていきます。

カイルア・コナのアリイ・ドライブ近くのホテルにずっと滞在していたので、その近辺のお店が中心です。

Basik Cafe のアサイーボウル

カナダのトライアスリート・ユーチューバーさんがBasik Cafeのアサイーボウルを食べていて、すごくおいしそうだったので、コナに行ったら絶対に食べたいと思い、お友達がバイクの試走に行っている間に食べに行ってきました。

Basik Cafe

車の横のかわいい一軒家がBasik Cafeです。

2階がお店で、雰囲気が外から見られないから、階段上りながら、実はドキドキでした。

Basik Cafe

でも、Basik Cafeを絶対に食べてみたかったので、勇気を出して突入。

アサイーボウルの注文方法

2階に上がると海が見える小さな待合スペースがありました。

Basik Cafe

そこにはお客さんがいっぱい!

イマイチ、システムが分からなかったのですが、しばらく様子をうかがってたら、分かりました。

【Basik Cafeの注文方法】

  • 窓ガラスが受付でスタッフに注文して支払い、名前を告げる。
  • 待合スペースで待つ。
  • でき上ったら、名前を読んでもらえるのでアサイーボウルを受け取る。

注文は壁に貼ってあるメニューを見ながら注文します。

Basik Cafe

写真もあるし、英語も簡単なので、英語が苦手な方も大丈夫です。

注文の時の注意点

お客さんがいっぱいだと、誰が注文済みなのか、注文済みでないのかが良く分からない

まあ、英語で「注文しましたか?」って聞く、度胸があればいいのですが、なくて、うっかり間違って横入りしてしまっても大丈夫。

間違えて横入りしてしまっても欧米人の方は、"Sorry!"ってさりげなく注意してくれるので、素直にこちらも"Sorry!"って謝れば問題ありません。

あと、サイズですがLGはSMの2倍以上ありそうな感じで、平均的な日本人女性だと一人では食べきれないと思います。

待合スペースの雰囲気

待合室からはキレイな海が見えます。

Basik Cafe

何でも見るものがオシャレでかわいく感じて、つい写真を撮ってしまう。

Basik Cafe

いくつかイスもあるので座って、とキョロキョロしながら写真を撮っていたら、"Tomoe" って呼んでくれた。

できあがると名前を呼ばれるのでアサイーボウルを受け取る。

アサイーを食べるスペースはある?

アサイーボウルを食べるスペースは階下のオープンスぺースにいくつかテーブルとイスがあるので空いていればそこで食べられますが、数が少ない。

moeは少し歩いて、海の近くの堤防に座って食べました。

Basik Cafe

堤防で食べた方がインスタ映えするアサイーボウルの写真が撮れるのでオススメします。

ブラジリアン アサイーボウル

moeが選んだアサイーボールは、シンプルなバナナトッピングのブラジリアン(スモール8ドル)

スモールでもこの大きさ!!!!

ラージを食べている人を見て、スモールにしておいてよかったと思いました。

Basik Cafe

アサイーにはマンゴージュースがブレンドされ、グラノーラ、バナナ、はちみつがトッピングされており、甘いです。

でも、アサイーがさっぱりしているので、あっさり食べられました。

食べすぎ?

次回訪れたら、パパイヤ、イチゴ、ゴジベリーがトッピングされたキラウエアを食べてみたいと思っています。

お店の雰囲気もアサイーボウルもハワイ!って感じなので、コナに行ったら、行くべきお店の一つだと思います。

Basik Cafe

では、次回のコナ食レポートもお楽しみに~!

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-アスリートグルメ, アスリート旅
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.