トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

トレーニング ラン

80代でフルマラソンの世界記録を狙おう!マラソン再開のきっかけになった記事

投稿日:2016-12-25 更新日:

全日本マスターズ陸上競技選手権大会




こんばんは、moe(@moe_athlete)です。

6月の長崎五島国際トライアスロンが終わってっから、走っていません。

半年以上走っていないことになります。

そろそろ走れるような気もしますが、こんなに長い期間は知らなかったことは2009年にマラソンを始めてから、一度もありません。

なので、どんな風に走り始めていいのかわからず、ウォーキングを続けています。

ランニング再開を決めた記事

でも、偶然、この記事を見て、新年から走り始めようと決めました。

全日本マスターズ陸上競技選手権大会
2016年12月14日 日本経済新聞 夕刊

[blogcarad url ="http://www.nikkei.com/article/DGKKZO10641340U6A211C1US0000/"]

81歳の市民ランナー、中野陽子さんの紹介記事です。

2006年の70歳からフルマラソンを始めて、初フルマラソンのホノルルマラソンを4時間44分44秒で完走。

私の初マラソンの時より速い・・・。

2012年には大田原マラソンで3時間53分42秒でサブフォーも達成しています。

「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」75~79歳の部で3種目の世界記録と2種目の日本記録を持ち、今は女子80~84歳のマスターズ世界記録(4時間12分44秒)を狙っています。

2つのランニングクラブに所属して、スピード練習や30km走もこなし、月間250kmも走るときもあるそうです。

始めるより再開のほうが難しい

という記事を見たら、40代で走らなかっただけで、心折れて走れない私って、全然ダメじゃん!って思いました。

走るきっかけが欲しかったのかもしれませんね。

マラソンを始めるよりも、一旦、休養して再開するほうが難しいのかも?!

以前より走れなくなってたら嫌だなぁとか思ってしまうし、故障や体調不良が原因だと、また悪くなってしまうかもしれないと、過保護になってしまったり。

張り切って走り過ぎて、膝を傷めてしまい、そのまま走らなくなってしまう人が多いのもわかるような気がしました。

ケガをしたことにより、走るのを止めてしまう人の気持ちにも気づけ、勉強になりました。

年末に、ランニングの再開メニューを考えたいと思います。

80代でマスターズのフルマラソン記録が狙えるような練習メニューを(笑)。

私が初めて購入した金哲彦先生のランニング本↑を読み返してみようかな?

おすすめの練習方法があったら、教えてくださいね。

*インナーマッスルも鍛えなきゃ!
ランスマでも話題/ランニングに大切なインナーマッスル”腸腰筋”

中野陽子さんのインタビューには、練習方法や1日のスケジュールも紹介されていて、必見です。

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-トレーニング, ラン

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.