トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

トレーニング バイク

\1年8か月ぶりに自転車通勤を再開したよ/自転車通勤の良いこと&残念なこと

投稿日:2018-06-11 更新日:

sakura_trek




こんばんは、アスリートライフハックのmoe(moe)です。

語学の勉強にハマって、トレーニングがおろそかになっていましたが、4月にこっそりと自転車通勤を始めていました。

1年8か月ぶりに自転車通勤を再開

自転車通勤再開までの道のり

自転車で転んで、入院したのが2016年7月

新しいローラーを買って、ZWIFTでローラー練習を始めたのが2018年12月で、入院から約1年半後でした。

\ZWIFTデビュー/ついにロードバイクの練習を再開しました!

そろそろ、外で自転車に乗らなきゃと思って、通勤用のクロスバイクを修理に出しました。

3月末のお花見シーズンだったので、まずはクロスバイクでお花見サイクリングに出掛けました。

室内でローラー練習しているから大丈夫だろうと思ったら、翌日、すごい筋肉痛

moe
やっぱり、ローラー練習と実走は違うと実感しました。

その後、いきなり通勤して、遅刻しても困るので、お花見サイクリングの後は実際に通勤ルートを走ってみました。

何とか通勤はできる自信が着いてから、本格的に通勤を開始。

今のところ、雨の日と飲み会以外は快適に通勤しています。

自転車通勤の良いこと&残念なこと

自転車通勤の良いこと

良いことは、ぎゅうぎゅうに混雑した地下鉄に乗らなくていいこと。

これでかなりストレスが減りました。

あと、節約ができる

自転車通勤の残念なこと

でも、残念ことが2つあります。

1つは、自転車通勤で毎日自転車に乗るので、家でローラー練習をする気にならず、全然、ZWIFTに乗れなくなったこと。

2つめは、通勤時にしていた英語のリスニングができなくなったこと。

自転車に乗りながら、イヤホンで音楽を聞くことは禁止されていませんが、警察官に声をかけらる確率が高くなります。

私も何回か、声をかけられている人を見ました。

大音量でイヤホン等を使って音楽等を聞くなど、安全な運転に必要な音や声が聞こえないような状態で自転車を運転することの禁止

安全な運転に必要な音や声とは、例えば、救急車等のサイレン、他の車のクラクション等があります。

※罰則:5万円以下の罰金

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/chiikianzen/0000071343.html

警察官に声をかけられて、無視すると、安全な運転に必要な音や声が警察官の声に当たるので、罰則の対象になりそうです。

moe
今まで、自転車に乗っているときに、職務質問を3回もされたことがある私(多すぎる!)。

警察官にはあまり声をかけられたくないので、イヤホンをしたくないんですよね。

でも、英語のリスニングはしたい。

で、買ったものを、次回紹介したいと思います。

では、また~。

私が使っているローラーの紹介はこちらから
【予告】1年半ぶりにロードバイク練習を再開します!スマートトレーナーを購入

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-トレーニング, バイク
-,

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.