トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

moeのオススメ スポーツ栄養

【グルテンフリーチャレンジ】グルテンフリーとは?効果はあるの?

投稿日:2018-11-02 更新日:

gluten free




こんばんは、フリーランス管理栄養士のmoeです。

昨日から、フリーランスの管理栄養士として働き始め、同時にグルテンフリーチャレンジを始めました。

【ごあいさつ】フリーランス管理栄養士として活動&グルテンフリーチャレンジ開始

アスリートのためのグルテンフリーなレシピを考えるついでに、自分自身もグルテンフリー生活を1週間する予定です。

今日の記事は、グルテンフリーが気になっているけど、どうしたらいいのかわからないアスリートのアナタにオススメの記事です。

グルテンフリーとは

海外に行くと、普通のレストランのメニューでグルテンフリーの表示があったり、スウェーデンで開催されたトライアスロンの世界大会のカーボパーティはグルテンフリーのパスタもありました。

と海外では流行っているなぁ~と思っていましたが、実際にmoeの周りで実践している方がいなかったので、実はグルテンフリーについてよくわかっていませんでした。

グルテンフリーについて知るためのオススメ本

グルテンフリーについて勉強するために、購入した本がこちらです。

グルテンフリーについて詳しくは知らないけれど、テニスのジョコビッチ選手がグルテンフリーな食事を摂るようになって、パフォーマンスがアップしたことは、なぜか知っていたので購入してみました。

ジョコビッチ選手の『ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版』は、グルテンフリーな食生活の話題が中心ですが、テニスを始めたきっかけや戦争中にも練習を続けたこと、集中力強化とストレス解消戦略、エクササイズまで幅広い話題が取り上げられています。

でも、オススメの食品ガイドやおすすめレシピも掲載されているので、「グルテンフリーとは何か?」「どんな生活をすればよいのか?」は分かる1冊でした。

グルテンとは

グルテンフリーとは、小麦粉、ライ麦、大麦などに含まれるたんぱく質であるグルテンを含まない食事です。

グルテンとは

小麦粉に水を加えて練った生地を水中で洗い流すとえられる粘性の得られる物質で麩の原料

小学校か中学校でグルテンを作る実験をした記憶があります。

パンのもちもちした成分がグルテンです。

グルテンを含む食べ物

  • パン
  • 小麦粉から作られた麺・パスタ
  • ケーキ、マフィン、ドーナツ、粘り気があるバンズ、パイの皮などスイーツ全般
  • 小麦粉で作られたクラッカー、プレッツェル、その他スナック類
  • 朝食のシリアル
  • ビールその他麦芽から蒸留されたアルコール飲料*『ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版』より引用

朝食にパンを食べて、ランチにパスタかうどんを食べて、3時のおやつにドーナツ食べて、夜はビールで晩酌してたら、めっちゃグルテンを摂ってますね。

グルテンの何が問題?

ということで、現代の食事にはほとんど入っているグルテン、何が問題なのでしょう?

セリアック病

グルテンを全く受け付けることができなアレルギー。

ほんの少しのグルテンを摂るだけで小腸に炎症を引き起こす。

医師の診断と治療が必要な病気。

完全なグルテンフリーの生活が必要。

グルテンを少量摂取した場合(醤油などに含まれる小麦)でも数日間に渡って申告な症状が出る。

グルテン不耐症(過敏症)

小麦製品に対して過敏。

症状は穏やかな場合から深刻の場合と幅が広い。

食べてから発症するまで時間がかかるので気づかない場合も多い。

ジョコビッチ選手は、セリアック病ではなく、グルテン不耐症(過敏症)です。

さらに、血液検査をしたら、乳製品についても不耐症があり、トマトについても少し敏感だったとのこと。

ご両親がピザ屋さんを営んでいたから、子どものころから食べていたものにお別れをしなければなりませんでした。

これはショックですね。

ちなみに、今、ピザ屋さんは、「ノバク」というグルテンフリーレストランになっているそうです。

よかった!

グルテンフリーの効果

moeは、まだ1日しかグルテンフリーな食事をしていないので効果はありません。

2週間グルテンフリーな生活を続けて、その後にグルテンを含むパンやパスタを食べてみると、自分がグルテンに対して敏感かどうかが分かるそうです。

ジョコビッチ選手は、14日後にベーグルを食べたら、めまい、鼻づまりが再発し、二日酔いのような状態だったそうです。

moeは、根性がないので1週間チャレンジの予定ですが、1週間でも何か変化があれば、今後、グルテンを含む食品を減らす必要がありそう。

そうならないことを祈りますが・・・。

一方、良い効果については、下記のように仰っています。

体重は軽くなった。

身軽にもなり、動きが格段に良くなった。

思考も明瞭になった。

2週間たった頃には、もう昔には戻りたくなくなっていた。

*『ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版』より引用

グルテンフリーな食事を始めてからのテニスの躍進もすばらしい!

男子史上3人目となるグランドスラム(全豪・ウィンブルドン・全米オープン)4大会連続優勝。

これは、テニスに限らずアスリートなら、自分がグルテンアレルギーではないかチェックする必要がありそうです。

まとめ

グルテンフリーとその効果についての記事でした。

パフォーマンスを上げたいアスリートのアナタなら、きっと2週間グルテンフリーを試したくなったのでは?

まずは、ジョコビッチ選手『ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版』を読むことをオススメします。

1日にどんな食事を摂っているのかも詳しく書かれていますので、とっても参考になると思います。

次回は、moeがグルテンフリーチャレンジでどんな食事を摂っているのかをお知らせしますね。

では、また~。

グルテンフリーチャレンジをまとめて読みたい方はこちらから

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-moeのオススメ, スポーツ栄養
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.