トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

スポーツ栄養

【アスリートレシピ】とっても簡単!チャパティの作り方

投稿日:




こんばんは、フリーランス管理栄養士/食トレーナーのmoeこと木下ともえです。

昨日、電気圧力鍋で作ったトマトとゴーヤーのさば缶カレースープにあわせてチャパティを初めて焼いてみました。

【アスリートレシピ】電気圧力鍋で作る/トマトとゴーヤーのさば缶カレースープ

moe
インドのスパイスカレーに凝っていた時期があり、なぜか家にアタ粉があったのです。

アタ粉とは?

アタ粉?って何という方も多いはず。

アタ粉は、チャパティプーリロティなど、ンドの主食であるパンを焼くために使用する小麦粉です。

小麦の表皮や胚芽、胚乳も含まれているので真っ白ではありません。

全粒粉と同じような雰囲気ですが、粒子が細かいのかサラサラしています。

このアタ粉に塩とお水を加えて焼いたものがチャパティです。

ナンのように発酵させないので、ふわふわな感じではないです。

と、いっても、チャパティを食べたことがなく、自分が焼いたチャパティしか食べた経験がないので、じつはチャパティもふわふわしているのかもしれない・・・

moe
どこかで食べられるところはないか探して、本物のチャパティを食べてみたいと思います。

【チャパティの焼き方】

チャパティを焼くのには、専用のフライパン「タワ」があるらしいです。

真っ平のフライパンなので、調理には使えそうもありませんが、パンを焼いたりすることはできそうですね。

さすがにチャパティ用のフライパンはないので、moeはLodge(ロッジ)のスキレットで焼きました。

コンロの直火で焼いている画像を見た記憶があったので、伸ばしたチャパティ生地を直火にいきなりのせてみましたが(無謀)、うまく焼けないので(当たり前)すぐに諦めました。

あの直火で焼いていたチャパティは・・・と探してみたら、フライパンで焦げめをつけた後、直火にかけるとぷっくりと膨らむみたいです。

このビデオを見て、目からウロコでした。

moe
次回はこの方法でぷっくりを膨らませてみたいと思います。

【アスリートレシピ】とっても簡単!チャパティの作り方

Print Recipe
【アスリートレシピ】とっても簡単!チャパティの作り方
1枚分 エネルギー?kcal 成分表にアタ粉がのっていないので計算できませんでした。 MyFitnessPalのアプリだと1枚分 119kcal タンパク質5.1g 脂質1.8g 炭水化物21.5g
分量
材料
  • 200 g アタ粉 *別途打ち粉用のアタ粉が必要
  • 125 ml
  • 少々
分量
材料
  • 200 g アタ粉 *別途打ち粉用のアタ粉が必要
  • 125 ml
  • 少々
作り方
  1. ホームベーカリーにアタ粉と塩を入れ、フタを開けたまま、生地コースをスタートさせる。*ホームベーカリーがない場合はボールに材料を入れ、こねる。
  2. かき混ぜが始まったら、水を少しずつ加え、ひと固まりになったら、しばらくこねる。*水が足りない場合は分量外の水を少しずつ加える。
  3. こね上がったら、ホームベーカリーを止めて、生地を取り出し、6つに分けて丸める。
  4. アタ粉の打ち粉をした台のうえで、丸めた生地をめん棒で伸ばし、1mmぐらいする。
  5. 鉄のフライパンを油をひかずに温める。
  6. チャパティの生地をフライパンに入れ、中火~弱火で加熱する。
  7. チャパティが膨らみ、焦げ目がついたら、裏返して同じように焼く。*写真は1枚目にやいたチャパティなのでちょっと控えめな焦げ目です。お好みですがもう少し黒く焦げ目がつくまで焼いても良いです。
  8. お好みでバターやギーを塗る(分量外)。

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-スポーツ栄養
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.