トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

メンテナンス・ケア

基礎体温35度台!この冬、体温を上げるための2つの方法

投稿日:2016-11-06 更新日:




こんばんは、moe(@moe_athlete)です。

私は、毎朝、基礎体温を測って管理をしていますが、今朝の体温はなんと、35.74度!

低くくて、自分でもビックリしました。

これでもFASHY ファシーの湯たんぽを入れて、布団の中はポカポカにしているんですけどね(涙)。

低体温とは

低体温というのは、病名でありませんが、一般的に36度未満の体温のことを「低体温」と呼びます。

私もいつも35度台ではありませんが、どっちかっていうと、体温は低い方で37度の微熱がでると、普段より熱があるっていう感じで、フラフラします。

もちろん、冷え性でこれからの季節は手足が冷え冷えで冷たいです。

っていうと、「運動が足りない」「栄養が足りない」という話になるのですが、私の場合、運動や栄養が足りないってことはなく、どうやって、「低体温」「冷え性」を治したらいいの~?って感じです。

こちらのサイトによりますと、

低体温を改善する方法

  1. 適切な体重を保てるように必要最低限のカロリーを摂る
  2. 1回30分以上の運動を週2~3回する
  3. 腰回りや足の裏を冷やす服装は避ける
  4. インスタント食品・嗜好品や甘いものを控える
  5. タバコを吸わない
  6. 入浴は30分以上湯船につかる

1.適切な体重を保てるように必要最低限のカロリーを摂る
→◎ 体重キープどころか体重増えているので必要以上のカロリーを摂っている

2.1回30分以上の運動を週2~3回する
→◎ 毎日、ウォーキング30分以上継続中

3.腰回りや足の裏を冷やす服装は避ける
→◎ お腹を出していないし、毎日、会社へも靴下履いて行っている
11月からは腹巻している

4.インスタント食品・嗜好品や甘いものを控える
→◎ インスタント食品は食べないし、お酒も禁酒中。甘いもの苦手

5.タバコを吸わない
→◎ 吸いません

6.入浴は30分以上湯船につかる
→× シャワーで済ませることが多い

ということで、湯船に毎日30分以上つかることが、体温を上げるために必要なことですね。

この冬はがんばって、湯船につかって、体温を上げたいと思います。

でも、一人暮らしで帰りが遅くなってしまうと、お風呂にお湯をははることができないこともあります。

なんかいい方法ないかなぁ~と思っていたら、『お灸で冷えとり』とお灸で冷えを改善する本を発見しました。

『お灸で冷えとり』

冷えとりに特化したお灸本♡

生理周期に合わせたお灸をすえる場所も紹介されており、飽きずに続けられそうです。*飽きっぽいんで(汗)

この冬の低体温&冷え性対策

  • 湯船に30分以上つかる
  • お灸で冷え取り

この方法で体温を上げます!

*お灸関連記事
名古屋栄でピラティス体験レッスン&お灸で夏バテセルフケア講座に参加
【お灸の効果】久しぶりにぐっすり睡眠でスッキリ目覚めた
【お灸でセルフケア】中途覚醒で不眠症な私に最適なツボ2か所
【初めてのお灸におすすめ】熱さと香りで選ぶ/せんねん灸の選び方
【恐ろしかった深夜の腹痛と下痢】朝お灸は天枢と合谷のツボ

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-メンテナンス・ケア
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.