トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

メンテナンス・ケア

名古屋ウィメンズマラソン&名古屋シティマラソンの疲れを取る!フットマッサージャー

投稿日:

名古屋ウィメンズマラソン2016




こんばんは、moe(@moe_athlete)です。

今日は名古屋ウィメンズマラソン&名古屋シティマラソン。

名古屋の街中をたくさんのランナーが駆け抜けた日でしたね。

名古屋ウィメンズマラソン2016

↑2016年のウィメンズマラソンの私。

153gという軽量のNewtonのMV3で初めて走ったら、念願のフルマラソン3時間30分台!3時間34分が出せました。

脚パンパン対策の秘密兵器

レース後、脚がパンパンという方も多いのではないでしょうか?

今年は、昨夏のケガのため、残念ながら名古屋ウィメンズマラソンを走りませんでしたが、日々の練習でふくらはぎがパンパン。

常に脚がつる寸前っていう感覚で、寝ているときに伸びをするとふくらはぎがつってしまうことがあります。

スポーツマッサージに行きたいところなのですが、なかなか時間を作れません。

ランニングをお休みしていたので、しばらく押入れに入れっぱなしだった秘密兵器を引っ張り出して使い始めました。

秘密兵器とはこれ↓

スライヴ フットマッサージャー メディカルブーツ ホワイト MD-7700

ガンガン走っていたころ、やっぱりふくらはぎがパンパンでつらかったので思い切って買ったフットマッサージ機です。

昨日、久しぶりに使ってみたら、今朝、ふくらはぎのパンパンさ加減が少し減っていて、脚も軽かったです。

やっぱりケアって大切だなぁと実感。

これからはこまめにフットマッサージャー君にふくらはぎと足裏をモミモミしてもらおうと思います。

フットマッサージャーの難点

スライヴ フットマッサージャー メディカルブーツ ホワイト MD-7700

おすすめのフットマッサージャーですが、初めて使ったときは涙が出るほどふくらはぎと足裏が痛かったです。

慣れると全然痛くありませんが、友達が来た時に使ってもらうと痛いというので慣れるまでは痛いのでご注意ください。

あと少々場所を取るのと、重いのは難点です。

根本的な解決はランニングフォーム改善

ふくらはぎのケアはマッサージャー君にお願いするとしても根本的な問題は、私のランニングフォームにあると思います。

どんどんふくらはぎが太くなって、どこのマッサージ屋さんに行っても、「立派なふくらはぎですね」と言われてしまうので、ふくらはぎの筋肉を使わない走りを目指したいと思います。

まずはこの動画を見て、フォームのチェックしたいと思います。

★鍼もセルフでできちゃいます。
初めてでも簡単&痛くない!筋肉のケアにシール鍼

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-メンテナンス・ケア
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.