トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

おすすめ本 トレーニング ラン

フルマラソン完走に向けた練習メニュー完成/2017年1月の練習

投稿日:2017-01-03 更新日:

知識ゼロからのフルマラソン入門




こんばんは、moe(@moe_athlete)です。

今年も箱根駅伝は青山学院大学の優勝でしたね。

出場しないと思っていた青山学院大学の安藤悠哉君、復路のアンカーで出場し、ゴールテープを切ったのでとっても嬉しかったです。

安藤君は私と同じ豊橋出身なので応援にも力が入りました。

卒業後は競技を続けないとのことでしたが、豊橋にも帰ってきてほしいなぁ。

フルマラソン完走のための練習メニュー作成

ニューイヤー駅伝、箱根駅伝とランニングのモチベーションを上げてもらったところで、やっと再開することにしたランニングの練習スケジュールを作成しました。

80代でフルマラソンの世界記録を狙おう!マラソン再開のきっかけとなった記事

練習メニュー作成のために参考にした本

今までなんとなく、大まかなスケジュールを作って練習してきましたが、今度はちゃんと練習計画を作ってトレーニングしてみようと思い、小出監督の『知識ゼロからのフルマラソン入門』を購入して読んでみました。

知識ゼロからのフルマラソン入門

小出義雄さんの本は2冊『30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)』『知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』を持っています。

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)』はサブ4・3を目指す人向けなので、約半年走っていない私にはちょっと無理そう。

知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』は、痒いところに手が届く、親切さがある入門者向けのランニング本なのですが、練習メニューがすでに少し走っている方向け。

久しぶりなのでウォーキングから始めたかったので、全く走っていない女性が1年後にホノルルマラソン完走を目指すという練習メニューが紹介されていた『知識ゼロからのフルマラソン入門』を購入しました。

この本にはその他、6ヵ月でサブ5を目指すメニューや時短トレーニングで3か月でサブ4を狙うメニューもあるので、走れるようになったら、別の練習メニューに変更することもできます。

1年でフルマラソン完走を目指すメニューを参考に

まずは、1年でフルマラソン完走を目指すメニューを参考に練習メニューを作りました。

私の目標は9カ月後のメドックマラソンでのフルマラソン完走なので2~3か月同じメニューを繰り返すところを1か月にし、本では週3日の練習だったのを週4日にしてみました。

1月の練習プランとゴール

平日
2日
1週目 歩10分+速歩10分×2セット 歩10分+速歩10分×2セット 歩5分+速歩20分×2セット
2週目 歩5分+速歩20分×2セット 歩5分+速歩20分×2セット 歩5分+速歩30分×2セット
3週目 歩5分+速歩20分×2セット 歩5分+速歩30分×2セット 歩5分+速歩30分×2セット
4週目 歩5分+速歩20分×2セット 歩5分+速歩30分×2セット 歩5分+速歩30分×2セット

ジョグでも走れる気がしないので、1か月目は歩き⇒速歩きの繰り返しで70分ウォーキングがゴールです。

昨年6月までスイム3.8Km、バイク280km、ラン42.195kmを完走することには、あまり心配ではありませんでしたが、半年走らなかっただけでフルマラソン完走がかなり心配です。

焦らず少しずつ積み重ねて、9月にボルドーで再びのフルマラソン完走を達成したいと思います。

*クリスマスプレゼントも役立ちそう。
【2016クリスマスプレゼント】SONYワイヤレスヘッドセットMDR-XB80BS

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-おすすめ本, トレーニング, ラン

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.