トライアスリートによるアスリートのためのライフハック

アスリートライフハック

アスリート旅

【2018年夏休み1日目:香港国際空港編】初香港!トラブル続きでもなんとか市街に向かえたよ

投稿日:2018-07-31 更新日:




おはようございます、moeです。

ここ数日で激しく移動をしているので、毎朝、起きた時に自分がどこにいるんだろうって思います。

不思議な感覚ですが、嫌いではないです。

好奇心旺盛で飽きっぽい性格だから(爆)。

DAY1:2018年7月28日(土)~香港国際空港編~

香港初上陸!

香港に無事到着!快晴!

最終目的地へセントレアから直行便が出ているけれど、せっかくだから違う国でトランジットして行ってみたいって思い、経由地を香港にしました。

香港に行くのは今回が初めてです。

行きと帰りに1泊ずつして、弾丸ツアーをする予定を立てました。

が、ホテルを取って、ガイドブックを流し読みして、香港国際空港からホテルの最寄駅九龍駅までの移動手段「エアポートエクスプレス(AEL)」往復チケットと地下鉄(MTR)などで使える非接触式ICカード「オクトパスカード」を購入したぐらいの軽い準備で香港に乗り込みました。

香港国際空港

香港国際空港 トラブル1 イミグレの場所が分からない!

初香港でうれしくて、イミグレーション(Immigration)に行くまでに写真を撮ったり、セントレアでレンタルしたポケットWiFiに接続したりしてたら、前の方に後れを取ってしまい、どこに行くのが分からなくなり、超不安。

その時撮った写真↓

香港国際空港

立ち止まって、撮ったかいがあるような写真ではなく、大後悔。

案内の方に聞いて、イミグレに行くための電車に乗って移動しました。

香港国際空港はとにかく広い!ので、初めての場合は早めに移動しておいた方がいいなと思いました。

違う方向に行ってしまったら、正しい方向に向かうのにすごく時間がかかると思います。

香港国際空港 トラブル2 入国カードを書き忘れた!

香港国際空港の入国審査は混んでいると香港を旅した方のブログを見て知っていましたが、本当にすごい列でした。

入国審査官のところにたどり着くまでに30分ぐらいかかりました。

が、ここでトラブル発生!!!!!!

入国カード(Arrival Card)を記入するのを忘れた!!!!!!

通常、機内で配るような気がするのですが気づきませんでした。

なんか忘れてるような気がしていたのですが、香港に到着してうきうきしててすっかり忘れてしまいました。

入国審査官に聞かれて気づき、「忘れた!」って言ったら、「書いてきて!」って冷たく言われて(当たり前ですが)、並びなおし、約1時間ぐらいかかってしまった気がします。

これもガイドブックの入国手続きを読んでおけば分かったこと。

香港への機内で映画を観ている場合じゃありませんでした。

【2018年夏休み1日目:移動編】第一目的地の香港に向けて、キャセイパシフィックで出発

無事に入国審査を終え、荷物の受け取り(Baggage Claim)へ。

到着からかなり時間が経っているので、待つことなく、スーツケースを受け取り出口(Exit)へ向かいました。

香港国際空港 トラブル3 出口が分からない!

出口もAとBの2つあるので、ちょっと迷い、分からないので適当にAに出ました。

ちなみに、あとで『D09 地球の歩き方 香港 マカオ シンセン 2018~2019 (地球の歩き方 D 9)』の地図を確認したら、エアポートエクスプレスにすぐに乗るのであれば、A・Bどちらの出口から出ても乗り場へは行けました。

私は事前にオクトパスカードをKlookというサイトで購入していたので、カードを受け取る必要がありました。

13Aカウンターを探さなければなりません。

香港国際空港

ここでもウロウロ・・・。

結局、分からず、案内の方に"Where is 13A counter?"と聞いてやっと見つけられました。

Aの出口から出て、真っすぐ行けばよかった(汗)。

無事に旅行者用のオクトパスカードと交換できました。

オクトパスカード

かわいいですね♡

苦労して手に入れたオクトパスカードですが、翌日の飛行機が8時台に出発するので滞在時間が短すぎて、使いませんでした(汗)。

帰りにも香港に寄るのでその時には使うつもり、いや絶対に使います。

香港国際空港 トラブル4 エアポートエクスプレスの改札がない!

で、やっとエアポートエクスプレスで市街の九龍駅に向かいます。

エアポートエクスプレスの往復チケットは、スマホにダウンロードしたQRコードをかざせばよいはずですが、「えっ、改札がない!」

しばらく他の方を観察すると、入口の改札のピッはないようだったので、みんなに続いて乗り場に向かいました。

日本で入口の改札でチェックがないことはないので戸惑いましたが、出口にあれば、タダ乗りは防げるから、香港の人は合理的だなと感心しました。

エアポートエクスプレス

なんとか、市街に行く電車にも乗れて一安心。

ここからは初めての香港の風景を楽しみながら、22分の電車の旅を楽しみました。

長くなってしまったので、九龍駅からホテルのある尖沙咀までの道のりはこの次にします。

トラブルって書きましたけど、自分が事前に調べておけば防げるトラブルなので、一人旅で時間とお金の節約のためにも事前準備は大切と思い、次回の戒めと書きました。

では、また~。

★出国までの様子が気になる方はこちらの記事をどうぞ

【2018年夏休み1日目:出発編】台風21号ジョンダリ襲来による影響は?出国できる?

moe_nagoya
フォローしていただけると更新を見逃しません。

-アスリート旅
-

Copyright© アスリートライフハック , 2019 All Rights Reserved.